2017年10月17日

米海軍第7艦隊の兵士語る「北朝鮮のミサイルは撃ち落とせない、ミサイル発射が無いことを祈る」第7艦隊大丈夫か



北朝鮮との一瞬触発の状態の中、米海軍第7艦隊は、17日~20日の朝鮮半島周辺米韓共同軍事演習に突入したが、その第7艦隊の不安な状態が最近明らかになった。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の21番艦、シャイロー(USS Shiloh, CG-67)の兵隊が、「北朝鮮のミサイルは撃ち落とせない、ミサイル発射が無いことを祈る」と語っていることがアメリカ海軍の兵士や家族向けの新聞であるNavy Times で報道されたのだ。

‘I now hate my ship’: Surveys reveal disastrous morale on cruiser Shiloh
By: Geoff Ziezulewicz
Navy Times
10.9
https://www.navytimes.com/news/your-navy/2017/10/09/i-now-hate-my-ship-surveys-reveal-disastrous-morale-on-cruiser-shiloh/

兵士達の空気を調査しているの中で、以下のような発言があったと報道されている。

何か恐ろしい事が起こるのは時間の問題だ。
“It’s only a matter of time before something horrible happens,” one shipmate warned.

水平たちは艦長を信頼していない。
“Our sailors do not trust the CO,” another noted.

この船は浮かぶ監獄だ。
It’s a “floating prison,” one said.

北朝鮮のミサイルを撃ち落とさなければならないような事態にならないように祈るだけだ、まぜなら、そうなれば、私たちの無能力ぶりが露わになってしまうからだ。
“I just pray we never have to shoot down a missile from North Korea,” a distraught sailor lamented, “because then our ineffectiveness will really show.”

この不安な発言をCNNやオーストラリアのMediaが大きく報道している。

Report: Massive morale problems aboard US Navy ship
CNN Digital Expansion Shoot, Joshua Berlinger
By Ryan Browne and Joshua Berlinger, CNN
October 12, 2017
http://edition.cnn.com/2017/10/11/politics/morale-problems-us-navy-shiloh/index.html


“PRAY we never have to shoot down a missile,” warns the crew of a US warship tasked with defending against North Korea.
Jamie Seidel, AFP, AP
News.com.au(Austraria)
http://www.news.com.au/technology/innovation/pray-we-never-have-to-shoot-down-a-missile-us-navy-survey-reveals-extent-of-pacific-crew-despair/news-story/4883acc5989e1c485fcec6a735c7ce01

先日私のブログで整理したように、今まさに、第7艦隊は、韓国軍との共同訓練を行っており、北朝鮮はそれに反発してミサイル発射の準備を進めているといった報道があり、まさに一瞬即発の状態だ。

2017年10月16日 私のブログ
最初の爆弾が日本に落ちてくるか、最初の爆弾の後に日本に爆弾が落ちてくるか、今日から5日間が危ない
http://touten2010.seesaa.net/article/454212537.html

いつ、北朝鮮から、核弾頭を載せたICBMが飛んでくるかわからない、そして、それは日本に落とされる可能性がかなりある。



その中で、北朝鮮から日本に発射される核弾頭掲載ミサイルを撃ち落とす任務についている第7艦隊の艦船が「撃ち落とせない」と言っているのは大変な事態だ。

そんな状態なら、米艦共同訓練で北朝鮮を挑発するのはやめて欲しいと思っているのは、私だけだろうか。




原発関係はこちらのブログでやってます
http://touten2010.exblog.jp/

Amazon で本にコメントしています
touten2010(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AE7DCAYOHDDCV3TN2V2LFBDI6OLA?ie=UTF8&preview=true

ツイッターもしてます
(touten2010ではカウントが取れなかったので、カウント名はrenpa2015です)
https://twitter.com/renpa2015

posted by touten2010 at 07:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

最初の爆弾が日本に落ちてくるか、最初の爆弾の後に日本に爆弾が落ちてくるか、今日から5日間が危ない

ティラーソン米国務長官は15日CNNテレビのインタビューで、北朝鮮の核・ミサイル問題について「最初の爆弾を落とすまで外交努力を続ける」と語り、「大統領は核問題の外交解決を望んでいると私に対して明確にしている」と語ったと報道されている。

Tillerson on North Korea: Diplomacy will continue 'until the first bomb drops'
By Eli Watkins, CNN
Updated 1837 GMT (0237 HKT) October 15, 2017
http://edition.cnn.com/2017/10/15/politics/rex-tillerson-north-korea-cnntv/index.html


「最初の爆弾まで外交努力」=大統領は戦争望まず-米国務長官
23:47) 時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101500523&g=prk

「最初の爆弾投下まで」米大統領は対北朝鮮で外交を期待-国務長官
Mark Niquette
2017年10月16日 05:48 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-15/OXVSU56VDKHS01

「最初の爆弾」が迫っているような発言だが、それにしても、「最初の爆弾」はどちらが落とすのか?

「北朝鮮国営通信社の朝鮮中央通信(KCNA)から出された発表で、「日本が北朝鮮に圧力をかけたり、朝鮮半島での緊張が高められることは、日本列島に核の雲をもたらす自殺行為である。状況がいつ核戦争に転じるかは誰にも分からない。しかし核戦争の導火線に火がつけば、これは瞬く間に日本列島で爆発するであろう」と述べた。」と報道されていることから、どっちが落とすにしても、どちらかが爆弾をおとした途端に、日本に北朝鮮からの爆弾が落ちてくる確率が高い。

【北朝鮮問題】 北朝鮮が日本を威嚇 「日本に核の雲を送る」
北朝鮮は、日本が圧力を続けて行く場合、日本に「核の雲」を送ると威嚇した。
04.10.2017 ~ 15.10.2017
TRT
http://www.trt.net.tr/japanese/ri-ben/2017/10/04/bei-zhao-xian-wen-ti-bei-zhao-xian-gari-ben-wowei-xia-ri-ben-nihe-noyun-wosong-ru-820055

今日(16日)から、米韓共同軍事演習が開始され,20日間まで行われるが、北朝鮮はこれを挑発行為ととらえ、対抗措置として弾道ミサイル発射準備をしていると報道されている。今日にでも核戦争が始まるかもしれない。

空母・潜水艦も…きょうから米韓軍事演習
2017年10月16日 01:07
日本テレビ
http://www.news24.jp/articles/2017/10/16/10375143.html

北朝鮮、弾道ミサイル発射準備か 米韓軍事演習控え
2017.10.14 16:38AFPBB News#北朝鮮
https://dot.asahi.com/afp/2017101400035.html

北朝鮮「米が軍事挑発なら核報復」 米韓演習に反発
2017/10/15 16:26
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22282960V11C17A0FF8000/


原発関係はこちらのブログでやってます
http://touten2010.exblog.jp/

Amazon で本にコメントしています
touten2010(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AE7DCAYOHDDCV3TN2V2LFBDI6OLA?ie=UTF8&preview=true

ツイッターもしてます
(touten2010ではカウントが取れなかったので、カウント名はrenpa2015です)
https://twitter.com/renpa2015

posted by touten2010 at 07:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

著名経済学者の野口悠紀雄先生が「アベノミクスは働く人を貧しくした」と一刀両断


早稲田大学の、野口悠紀雄先生が、「経済データから見ると、アベノミクスは、企業利益を著しく増加させ、株価も顕著に上昇させたが、家計の収入も消費も増えていない、働く人を貧しくした」と一刀両断した解説を「Diamond online」に掲載している・

2017.10.12
働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない理由
野口悠紀雄:早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問+
http://diamond.jp/articles/-/145356

1984年に岩波新書の近代経済学シリーズモダン・エコノミック12の「公共政策」を執筆され、その後、大ベストセラー「超整理法」が100万部以上売れるなど、長年にわたってバリバリ近代経済学の売れっ子超一流学者の地位を継続している野口先生は、一般の近代経済学者と異なり、学問に忠実なので、政権にこびへつらって臭いものにはふたをいう態度をとったりしない、貴重な存在である。

公共政策 (モダン・エコノミックス (12)) 単行本 – 1984/11/28
野口 悠紀雄 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E5%85%AC%E5%85%B1%E6%94%BF%E7%AD%96-%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-12-%E9%87%8E%E5%8F%A3-%E6%82%A0%E7%B4%80%E9%9B%84/dp/4000043323

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書) 新書 – 1993/11/1
野口 悠紀雄 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E8%B6%85%E3%80%8D%E6%95%B4%E7%90%86%E6%B3%95%E2%80%95%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%A8%E7%99%BA%E6%83%B3%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%87%8E%E5%8F%A3-%E6%82%A0%E7%B4%80%E9%9B%84/dp/4121011597/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1508058397&sr=1-1&keywords=%E8%B6%85%E6%95%B4%E7%90%86%E6%B3%95

中公新書 発行部数ベスト10
http://www.1book.co.jp/004828.html


「Diamond online」は本来企業が儲かればよい記事と安倍総理万歳記事が主流なのだが、個別の論者によっては、野口先生のように、社会の実態を正直に切り込んだ記事も掲載されている。

野口先生の指摘は以下の通りだ。

1 家計調査の1世帯当たり消費支出を16年を12年と比べると、28万6169円 から28万2188円へと減少、、1人当たりで見れば1.2%増えたことになるが、消費税抜きで見れば、減少。

2 GDP統計で見ると、名目家計最終消費は、12年度から16年度にかけて増加しているが、増加率は3.3%にすぎないので、消費税増税の影響を除けば、ほとんど増加していないことになる

「以上から結論できるのは、「アベノミクスは、働く人の生活を豊かにしてはいない」ということだ。」と結論づけている。

名目賃金指数は、2013年をボトムとして、その後は上昇しているが、上昇率はごくわずか、16年の指数100.6は、11年の100.8に及ばない。

そして、円安などによって消費者物価が上昇したため、労働者の実質賃金は減少した(実質賃金指数は、13年3月の91.8から17年3月の88.9まで低下した)。

収入が増えないため、主婦がパートで働きに出るようになり、家計調査で、12年と16年を比較すると、1世帯当たりの有業人員(働く人の数)は、1.33人から1.34人増加、世帯主の配偶者のうち女性の有業率は、34.1%から36.7%に上昇。

以上のことから、「家計の側の努力にもかかわらず、消費が減少」と解説している。

また、「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」によると、金融資産を保有していない世帯の比率は、2003年以降12年までは20%台だったのが、13年にこの比率が31.0%となり、それ以降16年まで30%台の数字が続いている。

このことから、「資産保有について、貧しい世帯の比率が上昇しているのである。アベノミクスの成果が働く人に及んでいないのは明らかだ」と指摘している。

野口先生は「アベノミクスは、ごく一部の株式の保有者や大企業の経営者に前者の人々に恩恵を与え、圧倒的に大多数の一般労働者の生活を貧しくした、だから、人々が自分の生活と経済政策の関係を正しく理解し、そして、人々の意向が正しく選挙結果に反映されるシステムになっていれば、多数決によってアベノミクスは否定されるはず」と指摘し、そうならないのは「本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しない」という政治制度にバイアスがあるからだと指摘している。

アベノミクスは確かに、株価を押し上げ、失業率を低下させたことにより、経済を活性化させ、国民に経済的恩恵を与えたような印象を与えているが、このようにきちっとした数字で検証してみれば、その実態はお寒いもの、事態を逆に悪化させているといった状況のようだ。

日本共産党が言っている「アベノミクスが豊かにしたのは、一部のお金持ちのひとだけ」という訴えが、近代経済学の緻密な分析から見ても正しいということのようだ。

安倍政権が継続されれば、もちろん悪化の状況は続いていくことになる。

アベノミクスはこのようにきっちりと数字の上の議論の遡上にのせて評価し、争点とすべきだろう。有権者の方一人一人が良く考えてほしい。

原発関係はこちらのブログでやってます
http://touten2010.exblog.jp/

Amazon で本にコメントしています
touten2010(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AE7DCAYOHDDCV3TN2V2LFBDI6OLA?ie=UTF8&preview=true

ツイッターもしてます
(touten2010ではカウントが取れなかったので、カウント名はrenpa2015です)
https://twitter.com/renpa2015
posted by touten2010 at 18:22| Comment(0) | 腐った安倍政権 | 更新情報をチェックする